肌にハリがなくなる原因と対策

肌にハリがなくなる原因とは

肌にハリがなくなる原因というのは大きく分けて2つあります。

 

その一つはコラーゲンが減ることで真皮層を形成するコラーゲンは加齢と共に作りだす力が弱くなるためにコラーゲンの量が減っていくようになります。

 

さらにコラーゲンの質も悪くなりコラーゲンが減っていくことでだんだんと肌を支えることができなくなり肌のハリや弾力がなくなってついにはたるみが出てくるということなんです。

 

 

もう一つは表情筋が衰えることで顔の中には40種類以上の表情筋があると言われています。

 

そのうちたったの30%ほどが日常生活で動かしているということなんです。

 

そしてその他は使われずに緩んだままの状態になっています。

 

筋肉は皮膚の下にありますよね、そしてこの筋肉が衰えることでだんだん皮膚にたるみが出てくるようになります。

 

加齢によって筋力が低下することや無理なダイエットによって皮膚がたるんでしまうこと、表情が乏しくなることで表情筋を使わなくなること、などいろいろな原因でハリは失われていきます。

 

中でも特にダイエットなんかの場合だと5kg以上の増減だとお肌にかなり重大な影響を与えてしまうこともあります。

 

ダイエットをする時などは美容液や化粧水などのスキンケア化粧品で外部から保湿しながらするとか紫外線にたくさんあたって肌が乾燥しそうな時なんかにはスキンケア化粧品でたっぷりケアをしておくなどのお手入れが必要になります。

 

また年を取ってくるとだんだんあまり笑わなくなるということもあって表情が乏しくなっていったりします。

 

笑顔が印象的な人とかよく笑う人は周りの人に好印象を与えるだけでなく肌にはたるみがあまりなくてハリのある若々しい肌を持っている人が多いんです。


お肌にハリを取り戻すために必要なのこと

お肌の弾力、お肌のハリは皮膚の中のヒアルロン酸やコラーゲンの量によって決まってきます。

 

年を重ねるごとにこのヒアルロン酸やコラーゲンは減っていくのでお肌のハリや弾力がなくなっていきます。

 

このようにして失われたヒアルロン酸やコラーゲンを外部から補充することでお肌のハリを取り戻すことができるのです。

 

そしてハリを取り戻すために重要なのが「化粧品選び」ということになります。

 

現在では肌のハリを取り戻すために開発されたエイジングケア化粧品が多数存在しているのでコスメランキングや口コミ・評判などを参考にして自分に合った化粧品を探すといいのではないでしょうか。

 

他にもお肌には「睡眠」も大切な要素になります。

 

睡眠時間が不足した場合成長ホルモンの分泌量が減ってしまうことから肌にハリや潤いがなくなるという現象につながります。

 

大切なのは十分な睡眠時間をとることで健康な肌を作る努力をすることだと思います。

 

これは成長ホルモンが睡眠中に分泌されるということがその理由として挙げられます。

 

私たち人間は寝ている間に新陳代謝を促進して成長ホルモンを活発に分泌しています。

 

そしてこの成長ホルモンが最も活発なのが睡眠開始から3時間くらいだと言われているそうで、この時間に熟睡をしていることが重要になります。

 

成長ホルモンが正常に分泌されるためには6時間必要で、そのために6時間以上の睡眠が必要になるんです。

 

このように十分な睡眠をとることで細胞分裂が起こって肌のターンオーバーが正常に行われ肌にハリと潤いが生まれてくるのです。

 

化粧品を選ぶ時には、このようなことを踏まえてコラーゲンやヒアルロン酸の量を見比べて決めることもポイントになりますね。

アンチエイジングにおすすめの化粧品「ビーグレン」

「ビーグレン」は、アンチエイジング化粧品として注目を集めていて、肌に弾力やハリを与えると人気が高いです。

 

ビーグレンは、コラーゲンとヒアルロン酸を配合しているので、ハリが出るばかりでなくしわにも効果的な化粧品です。

 

目元の小じわは、30代を過ぎたくらいから気になり始めますね。

 

乾燥が目元のしわの原因だと言うことはご存知ですか?

 

しかし、保湿をいくらしてみても、ちっとも小じわが改善されないのは、肌の保水力そのものを上げて行かないといけないからなのです。

 

そして、コラーゲンとヒアルロン酸が肌の保水力を上げるために有効な成分です。

 

しっかりとこれらの成分を角質層の奥深くまで行き渡らせることができると、肌の保水力が上がるので、目元の小じわを改善することができるのです。

 

コラーゲンの弾力が弱まってしまって、肌を支えていられなくなると、たるみが生じます。そうすると、首のしわやほうれい線、たるみなどが出てきます。

 

ハリのある肌へ導くためには、真皮層にまでビタミンCを送り込み、コラーゲン繊維を元気にすることが大切です。

 

けれど、ビタミンCは肌に浸透しにくい上に壊れやすいので、どのようにして肌に送り込むかが問題となります。「ペプチド」という新成分が、深いしわについては細胞レベルで効果を発揮します。

 

ビタミンCと同様に肌の奥深くまで浸透して肌のトラブルを解決してくれる働きがあります。

 

「ビーグレン」は、しっかりとこれらの有効成分を肌の奥深くまで送り込むために、独自技術を使い、コラーゲンとヒアルロン酸をナノカプセル化したものを角質層の奥まで届けるのです。

 

独自技術を使うことによって、ビタミンCも肌に浸透しやすいようにナノカプセル化し、高濃度で配合し、また、ナノ化したペプチドも配合しました。

 

まずは、トライアルセットから始めてみてください。おすすめですよ。

アンチエイジングにおすすめの化粧品「アンプルール」

アンプルールのラグジュアリ・デ・エイジは肌にハリを与え、見た目の年齢に差がつくということから人気の化粧品となっています。

 

人間は年齢を重ねるごとに肌全体にハリがなくなったり、頬がたるんできたりして顔のラインが気になってきます。

 

これらは年齢肌のサインなのです。

 

そこでアンプルールのラグジュアリー・デ・エイジは、肌のハリ不足や乾燥によっておこる、ゆるみやしぼみを治し、ピンとしたハリのある肌へと導いてくれます。

 

このアンプルール効果で肌の奥までうるおいを与えて、キメの整ったなめらかな肌にしてくれます。

 

なぜならこの化粧品には皮膚の専門家が認めたエイジングケアに関する成分がたっぷり配合されていて、肌の力をサポートしてくれるからです。

 

この成分というのが「EGF」というもので、人の体内が元々持っているたんぱく質の1つで美容通も注目しています。

 

年を取っていくと、EGFの分泌量が減ってしまい、それにともなって肌にハリがなくなり、乾燥しやすくなって毛穴もゆるんできてしまいます。

 

それほどまでにこのEGFという成分は美しくみずみずしい肌のためには欠かせないのです。

 

美容液には3種類のGF、「FGF」と「IGF」、「HGF」を配合しており、肌にハリと弾力、うるおいを与えて美しい上質な肌に導いてくれます。

 

またローションとクリームはDMAE配合で、重力に負けない引き締まった肌にし、フェイスラインをすっきりと持ち上げてくれます。

 

またエルゴチオネインとうアミノ酸の一種が紫外線などの肌にダメージを与えるものからエラスチンを守り、健やかな肌をキープしてくれます。

 

このお手入れ方法は、化粧水で肌のキメを整え、肌のうるおいを浸透させます。

 

そして肌をぐっと押し上げるハリ感とうるおいを美容液で補い、目元には専用のクリームを使ってアイゾーンをふっくらしあげていきます。

 

そして最後にハリ感記憶クリームで、ピンとハリのある上向きの肌に仕上げます。

 

この4ステップがベストなお手入れ方法です。

年齢に合った化粧品を選びましょう

年齢化粧品は、年齢と共に衰えてしまった肌に不足してくる成分や、その衰えた肌をフォローする成分が配合された化粧品シリーズのことです。

 

化粧品は加齢に伴い、変えていく必要があります。

 

若い頃に使用していた化粧品を、30代40代になってからでも使っているという方は考え直すべきかもしれません。

 

自分では、肌の状態は昔と変わっていることになかなか気付かないものですが、ハリや弾力は確実に異なってきています。

 

そのため、今の肌の状態に合わせたケアをすることが必要で、そうすることによりハリ感のある状態の良い肌をキープすることが可能です。

 

若い頃は、新陳代謝も盛んに行われており、特別なお手入れは必要なかったかもしれません。

 

しかし年齢を重ねるごとに肌の乱れが起こり、ホルモンバランスや生活習慣の影響により、肌の状態が悪化していきます。

 

ですから、特に注意して年齢化粧品のような年代に合わせたしわやシミ、ハリなどの悩みにアプローチしてくれる特別なケアをしない限り、年齢以上に老化が進んでしまう恐れがあるのです。

 

また、若い頃の化粧品を使って、メイク方法も変わっていないという方がみえたら要注意です。

 

年齢にふさわしいメイクに少しずつ変えていかないと、肌の状態以前に違和感を覚えられてしまいます。

 

このように、年齢にふさわしい評判の良い年齢化粧品を使用し、できるだけ肌の状態を良好に保つために努力していきましょう。